2015年10月03日

3つ目、もしかしたら4つ目

 1月あたりの日記で「時計が2つ、いっぺんに壊れた〜」みたいなことを書いたと思うのですが。


 3つ目がキタ。

 風呂場専用の時計で、壁にぺたんと貼れるタイプのものです。

 風呂場用とはいっても湿気のある場所なので、フックが外れることもある。それが空の湯船に落ちて、ご臨終。
 外見はなんともなかったんですが、短針がぶらーん……中の何かが折れたのかもしれません。でも、そんな「壊れ方」って初めて見たので、ちょっと衝撃。


 4つ目は、正確には時計ではなく、キッチンタイマー。

 ただ、これはベッドのそばに置いて、仮眠用に使ってました。最長99分までで、簡単にピピッと設定できるので、昼寝なんかにはちょうどいい(笑)ってことで、使用頻度は高かった。目覚ましで起きた後に「うーん、あと10分……」とスヌーズ的な使い方もしてました(寝ぼけて、セットし損ねて爆睡したことも数知れず。てへ)。
 それがある朝、同じように二度寝に使って、ボタンを押したら表示が消えた。電池切れかーと思って入れ直したけど、表示は出ませんでした。


 ちなみにこの2つ、同じ日が命日。チーン。


 ついでに書くとですね。前の2つが似たような「妙な」壊れ方をしたんですよね。
 
 1つは、短針がおかしくて、時間調整ができなくなった。

 アナログの時計は使っているうちに数分ぐらい、遅れたり、ずれたりしてしますよね。それを直そうとしても、なんだか微妙な違和感がある。
 そこで、その時点の時刻は無視して、かっちり「6時」とかに合わせてみようとしたんです。
 ところが、ネジを巻いて長針を「12」にすると、短針がどうしても「6」と「7」の間に行ってしまう。「7時」にしようとしても同じで、今度は「7」と「8」の間で止まる。
 その時も「こんな壊れ方、あるんだ〜」と思いました。

 もう1つは、止まってたので電池を入れ替えたんだけど、少しだけ動いてすぐに止まる。
 かれこれ20年前にプレゼントされたものだったので、単純に寿命なんだなと思ったけど……。


 物は必ず壊れるし、不具合や使い方・状況次第で大して使ってないのに壊れたりもします。
 ただ、「時間」に関するものが1年のうちに4つ、しかも2回も同じタイミングで2つ、一気にお亡くなりになると……

 何が言いたいんだよ!ヽ(`Д´)ノ

 なんて思うぐらい、許されていいよね(ちなみにすべて別々に、違う時に購入してます)。
 いや、いかん!と言われても考えちゃうけど。
 とはいっても、別に「自分の寿命も……!」「見えない誰かが……」なんて考えたりはしない。しないったら、しない。


 で。


 オチはないです。すまん。
posted by 鳩村衣杏 at 20:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。