2016年05月27日

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

 昨日、すごくすごく嬉しいことがあった。
 今月中に……と、勇気を出して行動してよかった。

 で、結構興奮していたのか、朝4時に目覚めてしまった。
 なんとなくTVを眺めていたら、前から観たかった映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』が始まったので、そのまま鑑賞。
 評判がいいことは知っていたけど、なんというか……いろいろな意味で「今観てよかった!」と思う作品だった。

 キャラクターの立たせ方、脚本・演出の上手さ、重要なカギとなる料理の美味しそうなこと……一言でいうと「手際が良い」! 余計な説明やねちっこい展開がなく、すっきりしている。それでいて、伝えたいことや主人公の変化が丁寧に伝わってくる。
 飾り気がなくて、気持ちがいい。シンプルだけど、手抜きはない。正に、作品に登場する料理と同じ。
 こんなふうに小説を作りたい……!
                               
 よく「今の自分に必要なものは何か」ということを考える。
 でも、実は「今の自分に 必要ではないもの は何か」を考えるほうが大事なのかもしれない。それは同じようでいて、違う。             
 
 元気が出て、ハッピーになれて、お腹が空くこと請け合いの傑作。オススメします。
 朝4時に目が覚めてよかった……


posted by 鳩村衣杏 at 20:00| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

見てはいけないのは何?

 ドラマ『ハンニバル』でジリアン・アンダーソンの役名がベデリア・デュ・モーリアだったので、ふと、ダフネ・デュ・モーリアを思い出し(明らかにダフネから名前取ってるよね)、『鳥―デュ・モーリア傑作集 』(創元推理文庫)を読み返す。
 面白い。じわじわ来る。文章でたたみかけ、見せる部分、見せない部分のさじ加減が絶妙。作風も終わらせ方もいろいろで、物語世界にどっぷり浸らせてくれる。
 ヒッチコックによって映画化された『レベッカ』『鳥』が有名だけど、そもそも、原作者の彼女がすぐれたストーリーテラーだったということがわかる。
 検索したら『いま見てはいけない―デュ・モーリア傑作集』(創元推理文庫)が出ているじゃないか〜と書店へ直行。
 あった! すぐそばにシーラッハの文庫もあって迷ったけど、平積みになってたし、まだしばらくどこででも買えそう……でも、デュ・モーリアは小さい書店にはなさそうだな〜とレジへ。
 ちなみに『いま見てはいけない』は、映画『赤い影』(ニコラス・ローグ監督。原題はどちらも「Don't Look Now」)の原作。映画は「よくわからない」と言われる作品で(ジャンルとしてはサスペンスだけどオカルト要素も多く、謎めいている)、原作も読んでみたかったので嬉しい。

posted by 鳩村衣杏 at 22:55| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

だったらいいのに

 テレビ局は、深夜枠でいろいろな挑戦を試みているけど、時間帯関係なく昔から、常にカッ飛んでいるのは、やっぱりEテレだと思うわけ。

 「びじゅチューン!」最高。井上さん天才。歌も絵もいい。

  Loading…で背泳ぎしてる女子、ミレーの「オフィーリア」だよね……こんな元気なオフィーリア、初めて見たわ。
 「兵馬俑ウエディング」を見ると、結婚披露宴をやりたくなるわ。8000体の祝福(しかも全員イケメン)……盛り上がりそう。
 「保健室の太陽の塔」を見ると、学校が楽しくなるわ。こんな先生がいたら頼もしい。
 「私たちは元パルテノン神殿」を見ると、友情の素晴らしさに感動するわ。「また会いましょう、このアクロポリスで」……涙が出る。
 まだ(飛ばない)「Walking!ニケ」のモデル歩きもいかすわ。頑張ったら、勝利を告げにきてほしい。

 「太陽の塔」といえば、少し前にBANDAIさんが「超合金 太陽の塔のロボ」を作ったけど(欲しい!)、ワタシはひそかに「平安神宮の大鳥居」が変形ロボなんじゃないか……と疑っている。他の日本中の大鳥居とロボ仲間だったらいいのに。
 実は自分もそう思っていた……という人、友達になりましょう。



posted by 鳩村衣杏 at 16:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。