2016年06月16日

王子様、始めました!

 今、書いている作品の話です(タイトルではないですよ!)。
 日本人だけど何かに特化している「××王子」ではなく、ほんまもんの王子様。

 このジャンルでは人気設定ですが、ずっと苦手意識がありました。
 なぜかというと、鳩村衣杏は「リアルなBLを書く作家」と認識されている──と思い込んでいたから。
 自分で決めたカラーではなく、結果として……なんだけど、読者さんに「それが好きです」と言われると、そのほうがいいのかなーと思ってしまった。いや、「それでいいんだ」と目を背けた──「挑戦しない」ことの言い訳として。
 他に得意としている作家さんが沢山いるんだから、別にワタシがやらなくても……という気持ちもあった。
 「やる必要ありませんよ」という編集さんの言葉に胡坐をかいた(そう言ってほしくて、ワタシがミスリードしたのかもしれない)。

 でも 「できるけど、やらない」と「やったことがないから、できない」は違う。
 できるところまでやって、食らいついた結果が「向いてなかったなー」でもいい。というか、そのほうがいい。

 と、急に思い直したのが去年。
 それが前作の『狼さんは、ふかふか?』につながりました。
 現在、発行を控えている作品(2つ)も、そんな感じ。

 そして……狼……からの……王子様。
 まさかの……楽しいわー! 
 どんな仕事をしていようと、やっぱり自分が「カッコいい」と思う男性しか書けない。多分それは、ジャンルが何でも、作品の舞台がどこでも同じ。そこが合わなければ仕方がない。
 でも……乞うご期待です!



posted by 鳩村衣杏 at 14:06| 新刊・商業情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

風邪引いたー

 風邪引いたー。
 喉が痛い。鼻水も出る。これはアレだな……デトックス。
 6月に入っていきなりですよ。わかりやすいな。思い当たる節はあるけれども。

 熱はないが、長引くと面倒なので、さくっと近くのH医院へ急行。
 喉の炎症を抑える薬と痛みを和らげる薬、うがい薬をもらう。

先 生「対処療法で様子見よう。熱が出たら、すぐに来てね」
いあん「はい」
先 生「そしたら抗生物質出すから」
いあん「抗生物質は……」
先 生「強いからイヤなんだよね? 使わずに済むといいね」

 優しいなー。
 ワタシは特定の抗生物質にアレルギーがあって、抗生物質には大概弱い。飲むと余計に具合が悪くなったり、粘膜が荒れたりするので、できるだけ服用したくないんす。
 うがい薬の使い方も、懇切丁寧に教えてもらいました。「こう書いてあるけど、このほうが効くから」って、裏技的なアドバイスまで。
 しかし。
 外も中もきれいだし、先生はイケメンで優しい(三代目!)のに、どうしていつもまったく患者がいないんだろう……いや、おかげで「思い立ったら、すぐ!」って感じで行けるんだけど。
 本気で不思議だ。
 
 そして、目の前の調剤薬局へ。
 法改正で、4月から「お薬手帳」を持っていくと薬が安くなるんですよ。タダだからね、もらいましょう。面倒だけど持ち歩きましょう。アプリもあったはず。調べてね。
posted by 鳩村衣杏 at 20:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。