2016年07月24日

すべて裏目

 かれこれ10日ぐらい前から、右足の調子が悪い。

 始まりは、膝が変な音を立て始めたこと。でも、それだけだったので「なんだかなー」と思ってたんだが、茶道の稽古で正座ができない! 痛い! 
 結構長くやってるけど、張りの痛みで正座できないなんて初めて(むくみなら、むしろ正座で軽減するから、むくみではない)。でも、どこが痛いのかはっきりしない。運動した覚えもないし、筋肉痛っぽいけど筋肉痛ともちょっと違う。あと、右だけってなんなんだ。

 旅先でも同じだった。
 大浴場があって、貸切状態になったのでこっそりバタ足なんかやってみたり、部屋でもストレッチやマッサージをやってみたけど、ダメ。結構、歩き回ったはずなのに、足先も冷たい。老廃物が溜まったときの、いや〜な痛気持ち悪い感じが続く。
 でも、帰路にはちょっと軽減されたので、「動いてないから、固まってるのかな?」と思った。

 それから数日……大分、よくなってきたかな?と思ったんだけど、やっぱり違和感がある。でも、やっぱりどこが痛くて、どこが悪いのかよくわからない。階段で膝が引っかかるぐらいで、他は特に何もないんだけど……茶道の稽古で正座しなかったら、痛みは感じなかったかも。

 んで、いつもお世話になっている近所の整体院へ行ったら、大腿筋膜張筋(腸脛靭帯)なる場所を痛めていたことが発覚!!!!

 調べたところ、腸脛靭帯とは膝の靭帯。大腿筋膜張筋は文字どおり、腿の外側にあって、それが膝で腸脛靭帯と名前を変える。ランナーが痛めやすい部位らしいけど(ランナーズ・ニー)、ジョギングも何もしてないので、なぜそこをやってしまったのか不明。でも、確かに膝上と腿(外側)が左より太くなってる……
 先生には「(炎症が起きているので)しばらくはマッサージもストレッチも正座もダメ。何もしないで、安静に。湿布貼って」と言われた。
 つまり、マッサージとかストレッチとか歩き回るとか風呂で温めるとか、やったことがすべて裏目に出てたわけで……

 素人判断はいけませんね。
 サロンパスが気持ちいいYO!(゚∀゚)



posted by 鳩村衣杏 at 16:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。