2011年06月24日

CDでけた!

onzoushi jac.jpg

■ キャスト
鷹藪千里 : 立花慎之介さん
宝生虎之介 : 安元洋貴さん
兎本勇美 : 梶 裕貴さん
芝 謙吾 : 小原雅一さん
鷹藪万砂江、ウェイトレス : 杉山滋美さん
井出雪乃、8歳の虎之介 : 平田真菜さん
宝生龍司 : 高梨謙吾さん
宝生獅郎 : 伊勢文秀さん

 見本が届きました。

 裏側(本で言うとカバー4か?)が口絵イラストだったので、一瞬びっくりしましたが、すんごいきれいです。そして盤面がゴールド! きらきら! でさらにびっくり。
 フリートークCDの盤面はというと、コーラルピンクで可愛い〜揺れるハート
 最近、ピンク色グッズを買ってるんです。得意な色ではないんですが、アクセントになら使いこなせるかなあと思って。先日も、2ヵ月ぐらい、買おうかどうしようかずーっと迷っていたバッグを購入したんですが、それと似た色で嬉しいです。

 あ、コミコミさんのおまけのポストカードもいただきました。
 はー、やっぱり高階先生のイラストは美しいですね……うっとりです。

 そんなわけで無事に発売されますので、よろしくお願いいたします。
 ぜひ感想をメーカーさん、声優の皆さんに送ってくださいませ。

 ちょっとバタバタしてまして、ワタシはまだ聴けておりません。聴いたら、改めて収録当日の思い出(笑)など書きたいです。
 でも、いろんな意味でテンション上がったー!
posted by 鳩村衣杏 at 11:58| ドラマCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

「御曹司の口説き方」収録レポート

 も、Atisさんの公式サイトにUPされました!  
 予約締切直前ですもんね、スタッフ様の畳みかけるような攻撃、さすがです。
 
 でも、雰囲気はまさにあのレポートどおりでした。
 「楽しかった!」の一言に尽きます。

 ということで。


 読んで読んで!
 予約して予約して!
posted by 鳩村衣杏 at 23:48| ドラマCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

デモCM公開中!

 Atisさんのサイトで「御曹司の口説き方」のデモCM(音声版)が公開されています。

 めっちゃしっとりした感じになっております。ステキです。

 が。

 原作をお読みの方はご存じだと思いますが、この作品は基本的に「ラブコメハートたち(複数ハート)」です(笑)。
 チョイスされている部分は作品中もっともシリアスな場面で、大半は虎之介(安元さん)と千里(立花さん)の「小学生のケンカかよ!」的なかけあいですので、そのあたりを加味していただけると嬉しいです。

 そして、フリートークCDがもらえる予約は6月5日締切です。お早めに!




 ここから先は、最近、個人的にすごく気になっていること。

 ネットを見るたびに目に入ってくる『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のCM。若き日のProfessor X(エグゼビア教授)と若き日のマグニートーの物語とな。
 サー・パトリック・スチュワートサー・イアン・マッケランの青年期を誰が演じるのか。すんません、ワタシの興味はそこにしかなかったです。そもそも、この2人が出てなければシリーズは観てなかったでしょう(『ウルヴァリン』は観てない)。
 だってさー、「かつて親友だった2人が敵に」というシチュはもう……ねえ。SFXやミュータントの能力も面白いんだけど、毎回、この2人の微妙な駆け引きややりとりがドキドキもんなわけで。イギリスを代表する名優2人が演じているってだけでもヨダレものなのに、知的できゅんきゅんするわけですよ(さすがはブライアン・シンガー、よくわかってる)。

 で。

 若きProfessor X … ジェームズ・マカヴォイ
 若き日のマグニートー … ミヒャエル・ファスベンダー

 サー・パトリック・スチュワート = ジェームズ・マカヴォイ
 サー・パトリック・スチュワート = ジェームズ・マカヴォイ
 サー・パトリック・スチュワート = ジェームズ・マカヴォイ

 
似 て な い し 。
  


 
で も い い や 。
  



 っていうかもう「似せる気は最初からナッシング」なんでしょうが、それがよかった。よくぞジェームズ・マカヴォイをキャストしてくれた! という気持ちです(スコットランド出身でイギリス中心に活躍中なので、サー・パトリックに「ベース」は近い)。現代劇からコスプレ、シリアスなロマンスからアクション物にまで出演し、今、一番好きな俳優なんですよね。
 似てないけど、似てないけど、似てないけど……サー・パトリックの若き日の姿がジェームズ・マカヴォイ!(しつこい) うへへ、超楽しみ。

 ミヒャエル・ファスベンダーさんは存じませんでした(『300』に出てるらしい。観直してみよう)。
 名前がドイツ系じゃんと思っていたら、ドイツとアイルランドの血を引いているとか。しかも、マイケル・コリンズの子孫だそうな。
 こちらも似てなさは負けず劣らず。でもまあ、草食系VS肉食系っぽい感じが出ててよろしいのではないかと。

 そんなわけで、ワクワクっす。

 そして今回のキャストとはまったく関係ないのだけど、ジェームズ・マカヴォイって堺雅人さんに似てる! と思うのはワタシだけか(受難系の役回りが多いところとか)。
posted by 鳩村衣杏 at 12:59| ドラマCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。